登録するべき?テイクアウト予約サイトに掲載するメリットとデメリット

テイクアウトを予約するサイトやアプリが注目されていますよね。

コロナウイルスの影響を受け、利用する顧客も飲食店もかなり増えた印象を受けます。

顧客にとっては「料理やお店が選びやすい」「注文した後は待ち時間なしで受け取るだけだから楽ちん」というメリットがあります。

では、掲載する飲食店側にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

テイクアウト予約サイトへの掲載に興味があっても、メリットやデメリットを知った上で検討したいですよね!

この記事ではテイクアウト予約サイトに飲食店や料理の情報を掲載するメリットとデメリットを紹介しています。

最後にはオススメのテイクアウト予約サイトも紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

テイクアウト予約サイトとは?

テイクアウト予約サイトとはお弁当など持ち替えられる料理を掲載し、顧客が注文・購入をするサービスです。

楽天デリバリー、EPARKテイクアウト、食べログテイクアウトなどが大手テイクアウト予約サイトになります。

配達サービスが付いているサイトもあれば、顧客が飲食店まで取りに行かなければならないサイトもあります。

配達サービスがあるかないかはテイクアウト予約サイトやアプリ、飲食店により異なるので気になる方は確認しましょう。

クレジットカード決済を利用すれば飲食店の金銭のやり取りを行わずに済み短い時間で完了するので、その点を魅力に感じている顧客や飲食店も多く存在します。

コロナウイルスの影響を受け飲食店の店内で食事をするのではなく、料理を持ち帰りする方がかなり増えました。

そのため、個人店・大手飲食店関係なくテイクアウトに力を入れるお店も増えてきましたね!

大手飲食店の中にはテイクアウト予約サイトに頼らずお店のHPにテイクアウトの注文ページを設けるところもあります。

逆に、個人店のほとんどがテイクアウト予約サイトに掲載する傾向にあります。

テイクアウト予約サイトにはメリット、デメリットが必ず存在しているのです。

今回は数を絞って、3つのメリットと2つのデメリットをご紹介します!

テイクアウト予約サイトに登録する3つのメリット

まずはテイクアウト予約サイトに飲食店や料理の情報を登録するメリットを3つ確認しましょう。

①スムーズなやりとりができる。

②注文の管理がしやすい。

③コロナウイルスの影響で利用者が増えている。

売上に直結するメリットは3番目の「コロナウイルスの影響で利用者が増えている」だと思います。

詳しい解説を行っているので、ぜひ確認してみてください!

①スムーズなやりとりができる

1つ目のメリットは「スムーズなやりとりができる」という点です。

顧客側にとっては、

①クレジットカードの場合、飲食店で金銭のやり取りをしなくて済むので滞在時間が短くて済む。

②待ち時間なしで料理を受け取れる。

③自宅または別の場所でゆっくりメニューを見て注文を決められる。

の4つのメリットがありますが、飲食店側にとっても大きなメリットとなります。

①顧客がクレジットカード決済を選んだ場合、金銭のやり取りをしないのでレジで顧客がもたつくことがない。

②すぐに料理を渡せるので他のお客様を待たせなくて済む。

③料理の写真や説明文を見て決めてくれるので、説明する手間が省ける。

飲食店は接客業で、1人のお客様に長い間相手にするわけにはいきません。

食事の時間帯は特に店内が混むので、長い間接客をしていると他のお客様が怒って帰ってしまったり飲食店の回転率が悪くなってしまったりする可能性もあります。

スムーズなやり取りができるとお客様の満足度も上がり、次に繋がったり口コミが広がったりする良い効果も期待できるのです。

テイクアウトの注文で「ミスが多い」「やり取りがスムーズにいかない」というオーナー様はぜひテイクアウト予約サイトを利用してみてください!

②注文の管理がしやすい

2つ目のメリットは「注文の管理がしやすい」という点です。

電話や直接テイクアウトの予約注文を受けているオーナー様はどのように注文を管理していますか?

注文の管理方法は主に3つだと思います。

①スマホのメモ帳アプリ等を使う。

②メモ帳を使い手書きで管理する。

③頭で覚えておく。

しかし、これらの管理方法はミス招く原因となりやすいのです!

スマホのメモ帳アプリを使うデメリット

スマホのメモ帳アプリを使うデメリットは主に3つあります。

①入力したデータを誤って消してしまう恐れがある。

②お客様の名前や注文内容を聞き間違えてしまう恐れがある。

③入力が遅い方はお客様の注文と入力が間に合わずお客様を待たせてしまう。

特に、2番目の「お客様の名前や注文内容を聞き間違えてしまう恐れがある」というミスをしてしまうとお客様を不快な気分にさせ、次に繋がらずお客様を1人失う可能性があります。

メモ帳を使い手書きで管理するデメリット

メモ帳を使い手書きで管理するデメリットは主に3つあります。

①メモした紙をなくしてしまう可能性がある。

②急いで書いた場合、後で確認した時字が汚くて読めない可能性がある。

③お客様の名前や注文内容を聞き間違えてしまう恐れがある。

特に、1番目の「メモした紙をなくしてしまう可能性がある」というミスをしてしまうと大きな損害に繋がります。

メモしたことで注文自体を忘れてしまう方も多く、お客様が受け取りに来た時思い出して急いで作らなければなりません。

お客様は嫌な気分になる上飲食店側も焦ってしまい、さらにミスを重ねてしまう可能性も高くなります。

頭で覚えておくデメリット

頭で覚えておくデメリットは主に

①注文を忘れてしまう。

②実際の注文内容と間違えて覚えてしまう可能性がある。

③お客様の名前や注文内容を聞き間違えてしまう恐れがある。

特に、「注文を忘れてしまう」というミスをすると飲食店にとって損害を招く可能性があります。

「メモ帳を使い手書きで管理するデメリット」でも紹介した通り、頭で覚えて忘れてしまうとお客様が受け取りに来た時に思い出す可能性が高いです。

お客様を不快な気分にさせさらにミスをする可能性があります。

テイクアウト予約サイトではこのようなミスに繋がる出来事はほぼ起きません。

もし注文間違い等のハプニングが起きても、ほとんどは「テイクアウト予約サイトの不具合」か「お客様の選択ミス」なので飲食店が責められることはあまりないでしょう。

③コロナウイルスの影響で利用者が増えている

3つ目のメリットは「コロナウイルスの影響で利用者が増えている」という点です。

コロナウイルスの影響を受け、テイクアウト予約サイトやアプリを利用する顧客が増えました。

今もなお流行中であるため、飲食店内での食事は控え料理を持ち替える方も増えてきました。

「長時間外にいたくない」「人混みは避けたい」というお客様も多く、このような考えを持っている方がテイクアウト予約サイトを利用するのです。

テイクアウト予約サイトに情報を載せアピール次第では売上アップも見込めます!

テイクアウト予約サイトやアプリによってシステムや対象地域、手数料などが異なるため気になるテイクアウト予約サイトがあったら一度確認してみるといいでしょう!

テイクアウト予約サイトに登録する2つのデメリット

テイクアウト予約サイトに登録するメリットは確認しましたか?

メリットがあるということは、もちろんデメリットもあります。

テイクアウト予約サイトに登録するデメリットは主に2つです。

①手数料がかかる。

②対象地域が限定されている可能性がある。

特に1番目の「手数料がかかる」というデメリットが重要です。

手数料はテイクアウト予約サイトによって異なり、金額によっては登録を断念する飲食店もいます。

2つのデメリットについて詳しく解説していきます!

①手数料がかかる

1つ目のデメリットは「手数料がかかる」です。

少し説明した通り、手数料の金額はテイクアウト予約サイトによって違います。

金額によっては登録をしないという選択をする飲食店もあるほど重要なポイントです!

経営状況が厳しい飲食店のほとんどは「テイクアウト予約サイトに登録したいけど、手数料が高いから利用できない」と断念する多いです。

一言で「手数料」と言ってもさまざまな方法でお金がかかります。

・売上を銀行口座へ振り込む時に振込手数料がかかる。

・月額制度を導入している。

・決済手数料がかかる。

・情報を変更する際手数料がかかる。

・情報を掲載する際手数料がかかる。

全てのテイクアウト予約サイトが全てのシステムを導入しているわけではありません。

テイクアウト予約サイトによっては「月額制度のみを導入している」というサイトもあれば、「月額制度に加え決済手数料も取っている」というサイトもあります。

月額制度を導入しているテイクアウト予約サイトは同時にランク制度を設けているサイトも多く、ランクによって金額と内容が異なります。

また、決済手数料を導入しているテイクアウト予約サイトは「クレジットカード決済は無料」を掲げているサイトが多いです。

導入しているシステムや仕組み、金額はテイクアウト予約サイトによってバラバラです。

詳しいシステム内容は気になるテイクアウト予約サイトをご覧ください!

②対象地域が限定されている可能性がある

2つ目のデメリットは「対象地域が限定されている可能性がある」です。

テイクアウト予約サイトによっては「全国」が対象のサイトもあれば「一部地域のみ」が対象のサイトもあります。

全国が対象のテイクアウト予約サイトなら、飲食店がどこにあっても登録が可能です。

対象地域が全国なので利用者も多く売上アップが見込めますが、その分ライバル店も多いと予想されます。

一部地域が対象のテイクアウト予約サイトは、サイト側が対象とする地域にお店がある飲食店しか登録できません。

ライバル店が少ないですがその分利用者も少ないのが欠点。

しかし、コアなファンのお客様やリピーターを獲得するチャンスもあります。

テイクアウト予約サイトによっては対象地域が限定されている可能性が充分あり、サイトによっては確認できる場所がわかりにくく「登録後に知った」というオーナー様もいらっしゃいます。

全国にお店を構える大手チェーン店は問題なく登録できますが、同じ県内でしか店舗展開していない飲食店や1店舗のみの個人経営などは登録が厳しくテイクアウト予約サイトを選ばなくてはいけません。

せっかく良いテイクアウト予約サイトを見つけても対象地域に自分のお店がなく泣く泣く諦めてしまうというケースも…。

気になるテイクアウト予約サイトがあったら、まずは対象地域を確認してみてください。

オススメは「テイクアウト.co.jp」!

2つのデメリットを確認しましたか?

テイクアウト予約サイトを登録するデメリットは、

①手数料がかかる。

②対象地域が限定されている可能性がある。

の2つでしたね。

実は、2つのデメリットをクリアしたテイクアウト予約サイトがあるんです!

そのサイトは株式会社サンネットが運営する「テイクアウト.co.jp」。

テイクアウト.co.jpの特長は主に2つあります。

①手数料が永年無料!

②対象地域が全国!

テイクアウト.co.jpの魅力を詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

①手数料が永年無料!

テイクアウト.co.jpの1つ目の魅力は「手数料が永年無料」という点です。

元々、テイクアウト.co.jpも手数料がかかってしまうテイクアウト予約サイトでした。

しかし、「コロナウイルスの影響で経営に苦しむ飲食店の手助けをしたい」という思いから1年間だけ手数料を無料に。

期間が過ぎたら手数料を元に戻す形を取ろうとしていましたが、さらに広まるコロナウイルスや日本・飲食店の状況を見て期間を設けず手数料を無料にする方針を取ったそうです。

少しでも出費を抑えて売上を上げたい今、登録しない手はありませんね!

もちろん、月額制度や掲載料金なども徴収しておらず無料で利用できます。

ほとんどのテイクアウト予約サイトは手数料がかかってしまうので、非常に貴重なサイトだと思います。

料理の掲載店数に制限はなく、あなたの飲食店で出しているテイクアウト商品を全て載せることも可能!

登録も簡単でインターネットやパソコンが不得意な方でもできると思うので、ぜひ一度覗いてみて下さい。

②対象地域が全国!

テイクアウト.co.jpの2つ目の魅力は「対象地域が全国」という点です。

日本全国、どこにお店を構えていても登録が可能となっています。

現在は茨城県を中心に東京都や埼玉県など都心部の飲食店が登録している状況です。(2021年3月9日)

顧客は県名・市名から利用できる飲食店を探すシステムとなっています。

登録店舗数は17店と少なめですが、ライバル店が少ないため売上アップ・リピート客獲得が期待できますよ!

ぜひ、利用してみて下さい。

まとめ

テイクアウト予約サイトに登録するメリットとデメリット、テイクアウト.co.jpの紹介でした。

テイクアウト予約サイトに登録するメリットは3つありましたね。

①スムーズなやりとりができる。

②注文の管理がしやすい。

③コロナウイルスの影響で利用者が増えている。

最も大きなメリットは3番目の「コロナウイルスの影響で利用者が増えている」というものでしたね!

テイクアウト予約サイトに登録するデメリットは2つありました。

①手数料がかかる。

②対象地域が限定されている可能性がある。

最も大きなデメリットは1番目の「手数料がかかる」というものでしたね。

そんなデメリットをクリアしているテイクアウト予約サイトが「テイクアウト.co.jp」です!

①手数料が永年無料!

②対象地域が全国!

テイクアウト.co.jpは飲食店を経営するオーナー様の味方!

ぜひ一度サイトを見てみてください。