王道はやっぱりお弁当!ウケの良いおかずと売上を伸ばす方法

コロナウイルスの影響を受けてテイクアウト商品を開発し販売する飲食店が増えてきました。

まだ外食を控えなければいけない中顧客もテイクアウト商品を求めている方が多いです。

さまざまな飲食店がお店の雰囲気や料理にあったテイクアウト商品を販売しています。

王道のお弁当やお総菜はもちろん、丼ものやラーメンなど家で美味しい料理が食べられるよう工夫がされてますね!

数あるテイクアウト商品の中でも特に人気なのが「お弁当」。

しかし、ただお弁当を出せば良いというものではありません。

お客様が喜ぶおかずを入れてあげれば、口コミで広がり売上が伸びるかも!

この記事ではお客様のウケが良いおかずとお弁当の売り上げを伸ばす方法を紹介しています。

また、オススメのテイクアウト予約サイトも紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

テイクアウトの人気商品はお弁当

数あるテイクアウト商品の中でも最も人気で売上が伸びやすい商品は「お弁当」です。

さまざまな飲食店が出しているので、似たような見た目だったり味が周囲の飲食店に劣ったりしてしまうと伸びない可能性があります。

しかし、工夫次第では飲食店の色を出すことが可能なので、新米オーナー様からベテランオーナー様まであらゆる飲食店がお弁当を出しているのです。

また、お弁当は求める方が多くターゲットを広く設定できます。

具体的には会社員・主婦/主夫・学生などが購入する傾向にあります。

会社員は昼ご飯として購入する可能性が高いです。

これまでは外でランチをしてきた方が外食をやめお弁当を購入し会社で食事をするようになったからです。また、ランチ以外でも会社帰りに購入し夕飯にする方もいらっしゃいます。

主婦や主夫はお昼ご飯や夕飯作りが面倒に感じた際購入してくれます。

学生は主に大学生が購入する傾向にあります。

昼間は自由に学校を出入りできない高校生と違い、大学生は学校の出入りが自由。

昼休みや授業後にお昼ご飯としてお弁当を買ってくれる可能性が高いです。

また、1人暮らしの大学生が夕飯として購入してくれる場合もあります。

このように、お弁当は王道なテイクアウト商品ですが飲食店の色を出しやすくターゲットがかなり広いのでオススメの商品となっているのです!

お弁当のウケが良いおかず4選

お弁当はただ出すだけではダメ!

お客様のウケの良いおかずを知り、あなたの飲食店なりのアレンジを加えましょう。

オススメのおかずは4種類あります。

・唐揚げ

・煮物

・焼き魚

・チャーハン

唐揚げ

王道且つ大人気のお弁当おかずが「唐揚げ」です。

ほとんどの日本人は唐揚げが大好きですよね!

ジューシィーなもも肉がオススメですが、さっぱりとしたむね肉も良いですね。

少し変わった部位としてなんこつ・せせり・レバーなどもコアなファンがいるのでオススメです。

手羽先も好きな人は多いですが、どうしても手が汚れてしまうのでお弁当には不向き。

どうしても手羽先を入れたい場合は、「手ふきをつける」などの対策が必要です!

唐揚げは鶏肉の部位によって食感や味が変わるのが特徴。

塩や醤油以外にも味のバリエーションを増やしやすいので、飲食店にあった唐揚げが提供できます。

「どんなおかずを入れるか迷ってる」という方は唐揚げも選択肢に入れてみてください!

煮物

煮物はお弁当のおかずに入れるのは少し大変ですが、意外と人気のおかずです。

放置するほど味が染みて美味しくなる煮物はお弁当として提供しお客様が食べる頃にはご飯にぴったりなおかずになっています。

また、煮物は作るのが大変な料理。

「どうせ買うなら自分で作らない料理が良い」と考えるお客様がよく購入してくださるんです。

しかし、煮物はどうしても見た目が茶色っぽくなったり黒っぽくなってしまい、お弁当の彩りとして活躍しないことも…。

煮物の上に青ネギを乗せたり人参など明るい色の野菜を使ったりしましょう。

どうしても華やかさが出ない場合は他のおかずで彩りを出し、フォローしてくださいね!

焼き魚

煮物同様、焼き魚も作るのが大変ですよね。

しかも、焼き魚はグリルが必要で後片付けも大変!

最近ではフライパンで焼いてしまう方もいらっしゃいますが、やはりグリルでしっかり火を通した方が均等に焼けるので美味しいです。

もしあなたの飲食店で魚を使った料理を出しているなら、焼き魚を使ったお弁当を出しましょう!

中でも焼き鮭は王道なおかずでご飯もよく進むので、お客様から注目される可能性が高いです。

焼き魚をおかずとして入れる場合は食べるのが面倒にならないよう、なるべく骨はとってあげてください。

チャーハン

チャーハンはおかずではありませんが、人気の料理の1つです。

男性や学生人気が高いので、客層が男性や学生に偏っている飲食店はぜひ入れてみてください!

チャーハンも唐揚げ同様、味のレパートリーを増やしやすいです。

そのため、周囲にチャーハンを使ったお弁当を出している飲食店があっても具材を変えれば差別化を図ることができます。

チャーハンは味付きの主食なので、おかずの味に気をつけましょう。

おかずと主食、両方を味が濃いものにしてしまうとお客様がくどく感じてしまいます。

お弁当の売り上げを伸ばす方法5選

お客様のウケが良いおかずはわかりましたか?

中でも唐揚げがオススメです!

ぜひ、参考にしてみてください。

次はお弁当の売り上げを伸ばす方法を5つ紹介します!

飲食店にあった方法を試してみてください。

・オシャレなお弁当にする

・器を他の店舗と変えてみる

・SNSで宣伝する

・会社や施設に売り込む

・テイクアウト予約サイトに掲載する

オシャレなお弁当にする

見た目が美味しそうなお弁当ってそれだけで「買ってみようかな?」という気持ちになりますよね!

キャラ弁・デコ弁まではいかなくてもオシャレで美味しそうなお弁当は女性を中心に人気が出て話題になりやすいです。

しかし、オシャレなお弁当はその分手間がかかり、完成まで時間がかかってしまうこともあります。

「オシャレなお弁当作りに自信がない」

「お弁当にそこまで時間をかけられない!」

そんな方はお弁当に彩りを出すところから初めてみましょう。

カラフルなお弁当はそれだけで美味しそうに見えます!

最も簡単な方法はパプリカや人参、トマトなど色鮮やかな野菜をつかうこと。

ハムを使ってピンク色を足すのもいいですね。

お弁当がパッとしなくて悩んでる方、色が足りないと思っている方は試してみてください!

器を他の店舗と変えてみる

提供しているお弁当はどんな入れ物を使っていますか?

黒でご飯とおかずを入れる場所があるオーソドックスな器は安価で手に入る上ご飯やおかずを入れるだけなので色んな飲食店が使っていると思います。

しかし、お客様からすると同じ入れ物を使っていると「別のお店なのに同じお弁当に見える」と言う感想を抱いてしまうことも…。

「別の店舗と似たお弁当」という印象を受けてしまうと、美味しい方・値段が安い方にお客様が流れてしまいます。

おかずで差別化を図ることが難しいなら、器を変えてみましょう!

同じ形でも白や柄付きの入れ物を使えば、一気に他とは違うお弁当を演出できます。

また、やや値段が張りますが木製の器を使うのもアリですね。

木製の器と聞くと40代・50代の方はチープなイメージが強く抵抗感があるかもしれません。

「一昔前の居酒屋で父親がお土産として買ってくる料理の入れ物」という印象を持った方もいますが、今の若者には逆に新しい入れ物なのです。

年配の方がチープに見える木製の器も、若者からしたら「あまり見たことない高級感のあるオシャレな器」に見えます。

また、木製の器はプラスチック製の入れ物と異なり、小ぶりサイズなので食事量が多くない方にとってはちょうど良いサイズであることも!

ぜひ、色んな器を見てみてください。

SNSで宣伝する

飲食店の外にのぼりを設置したり大きなポスターを貼ったりして宣伝するのも良いですが、コロナウイルス流行中の現在はそもそも出歩いている方が少なく大きな効果は得られにくいですよね。

SNSはお客様が自宅でじっくり見ることができるので、宣伝するのに最適なツールなんです!

宣伝をする時は飲食店の名前・料理の名前・飲食店がある地名などをしっかり記載し、お客様が検索した際ヒットするようにしましょう。

特に、地名は県名だけでなく市町村などの細かい地名も記載すると良いですよ!

まだSNSアカウントがない方は拡散力の高いTwitterがオススメ!

40代・50代以上のお客様が多い場合はFacebookを使うと良いです。

慣れてきたら写真メインのSNS・Instagramや動画メインのSNS・TikTokも初めてみましょう!

会社や施設に売り込む

お弁当は飲食店に来たお客様に売るだけでは、思うように売上が伸びません。

飲食店から車で行ける範囲に会社や公共施設、学校などがある場合は直接売り込んでみましょう。

施設によっては「昼休みに配達に来て」という条件付きで定期的に複数購入してくださる可能性があります。

すでに注文するお弁当が決まってる可能性が高いですが、「毎日同じお弁当で飽きてきた」と思っている場合もあります。

お弁当の中身や値段などをしっかりアピールすれば注文してくれるかもしれません!

売り込みに行く時はお弁当の中身や値段がわかるパンフレット・チラシを持って行くのがオススメ。

一目見ればお弁当の情報がわかるので、その場で決めて下さる可能性が高いです。

もしパンフレットやチラシを作っておらず「今すぐ売り込みに行きたい!」という場合は写真を持って行きましょう。

値段や詳しい情報は口頭で説明してください。

もし断られた時のためにパンフレット・チラシはたくさん持って行って下さい。

お弁当の売り込みには失敗しても、頼めばパンフレットやチラシを置いてくれる可能性があります。

施設に来た方へのアピールに繋がりますよ!

テイクアウト予約サイトに掲載する

テイクアウト予約サイトに登録するのも1つの手です。

「登録しなければならない」という手間はありますが、お客様とのやり取りがスムーズになります。

あなたの飲食店を知らなくても、テイクアウト予約サイトの検索から知り興味を持ってくれるパターンもあるので、登録しておきたいです!

テイクアウト予約サイトはかなりの数がありますが、登録する際は複数のサイトを見比べてみましょう。

検索上位に出たサイトだからと言って売上が伸びるテイクアウト予約サイトだとは限りません。

少なくとも、登録店舗数・利用料金・サポート内容はしっかり確認しましょう!

時間に余裕があるなら実際にテイクアウト予約サイトを確認し、どんな飲食店が登録しているのか・テイクアウト予約サイト全体の雰囲気・どれだけのお客様が利用していそうかも確認してみてください。

オススメのサイトは「テイクアウト.co.jp」

テイクアウト.co.jp

お弁当の売上が伸びる方法は確認できましたか?

中でも「テイクアウト予約サイトに登録する」がオススメです。

お弁当の売上が伸びるだけでなく、あなたの飲食店を知らないお客様へのアピールにも繋がり、利用客が増える可能性があります。

老舗のサイトからサービス開始したばかりのサイトまであらゆるテイクアウト予約サイトがありますが、中でもオススメなのは「テイクアウト.co.jp」です!

テイクアウト.co.jpは利用料金がかからない良心的なサイト。

他のテイクアウト予約サイトは手数料や月額料金、掲載料金、初期費用などがかかってしまい金額によっては一歩踏み出せませんよね…。

コロナウイルスの影響で売上が激減してしまった飲食店も多く、なおさら登録までなかなか進めないと思います。

テイクアウト.co.jpなら利用料金がかからないため「とりあえず登録しておこう」でOK!

あいている時間にテイクアウト商品の登録をすれば準備は完了です。

まとめ

王道なテイクアウト商品・お弁当のオススメおかず4つとお弁当の売上を伸ばす方法5つを紹介しました。

いかがでしたか?

オススメのおかずは3種類、主食が1種類だけありましたね。

・唐揚げ

・煮物

・焼き魚

・チャーハン

中でもオススメなのは唐揚げとチャーハンです。

味付けを簡単に変えることができるため、レパートリーを増やしやすい上に他の飲食店と差をつけやすいですよ!

売上を伸ばす方法は5つありましたね。

・オシャレなお弁当にする

・器を他の店舗と変えてみる

・SNSで宣伝する

・会社や施設に売り込む

・テイクアウト予約サイトに掲載する

中でもオススメな方法は最後の「テイクアウト予約サイトに掲載する」でした。

テイクアウト予約サイトは「お客様とのやり取りがスムーズにできる」「飲食店を知らないお客様へのアピールに繋がる」などのメリットがありました。

オススメのテイクアウト予約サイトは「テイクアウト.co.jp」です!

テイクアウト.co.jpは利用料金がかからないため、気になる方はぜひ登録してみて下さい。

テイクアウト.co.jp

https://takeout.co.jp