Information

  • 「食」をおろそかにするべからず

    • " 私が食の大切さについて考えさせられるのは、朝食で何をどれだけ食べたか?ということによって、その日1日食事に関するリズムが変わってくるということです。

       たとえば、朝食でわりとお腹いっぱい食べることができれば、昼食はその分うどんやそばなどのカロリーが低いものでつなぎとして食べる感覚が強くなります。

       反対に朝食であまり食べることができなければ、昼食でその分を補わなければいけませんので、少しカロリーが高めのものを食べなければなりません。

       そして、なぜこんなことを考えながら食事をするのかといえば、それは人間が活発に活動をするためには、食事によってエネルギーをきちんと補給する必要があるからです。

       最近では、どこもかしこもダイエットブームですが、本来食事をしっかりとるということは、人間が生きる上でとても大切なことなのです。

       ですので、これからも「食」をおろそかにすることなく、しっかりと考えながら食事をしていきたいと私は思っています。"

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.