Information

  • 棗(なつめ)

    • ■棗(なつめ)

      クロウメモドキ科の落葉高木の果実で、ふつうは乾燥させて、菓子、薬膳料理の調味料などの食用に使われます。
      漢方薬では、乾燥させた実を大棗(たいそう)、生の種子を酸棗仁(さんそうにん)といいます。
      大棗には強壮作用・鎮静作用、酸棗仁には鎮静作用・催眠作用があります。
      棗に含まれるフルクトピラノサイドという成分が、アレルギー抗体をブロックし、症状緩和に効果があるといわれています。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.