Information

  • 羅漢果(らかんか)

    • ■羅漢果(らかんか)

      ウリ科ツルレイシ属(ニガウリ属)の多年生つる植物です。
      ほとんどが中国で栽培されており、乾燥させ砕いたものを煎じて羅漢果茶として飲んだり、料理の甘味料として使われています。
      ブドウ糖と果糖による強い甘味が特徴で、喉や肺を潤し、鎮咳作用があることが知られています。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.