Information

  • ウコン

    • ■ウコン

      ショウガ科ウコン属の多年草で、香辛料、着色料、生薬として用いられています。カレーの黄色の元になっている植物です。
      黄色の色素成分はクルクミンで、利胆(胆汁の分泌を促進)、健胃などの薬効があります。
      また薬効成分として、ターメロン(利胆)、ジンギベレン、d-α-フェランドレン、シネオール(防腐)などが含まれています。食用以外にも、傷薬や肌のパック剤(体毛の伸びを抑える、肌に潤いを与える効果があるともいわれています。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.