Information

  • 青汁

    • ■青汁

      緑葉野菜を絞った汁のジュースです。 多くの場合、粉末の状態で商品化されており、健康飲料として飲用されています。
      アブラナ科の葉物野菜であるケール、イネ科の穀物である大麦若葉、イグサ、小松菜などが使われます。
      これらには、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていいます。液状にして摂取することで、野菜で食べるよりも体への吸収がよく、栄養素を多く摂取することができます。
      免疫力を高める効果がある青汁ですが、直接花粉症に効果があるわけではなく、体質改善を図るための健康食品として見ることが一般的です。


      <ビタミン>
      生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素。
      糖質、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミンの5種類を五大栄養素という。
      ほとんどの場合、生体内で合成することができないため、主に食料によって摂取しなければならない。
      生体内で、酵素が活性化するために必要な補助要素として機能している。
      ビタミンが欠乏すると、酵素が関係する代謝系の機能不全症状が現れてくる。特に成長に障害が出たり、免疫系の病気が起きやすくなるため、1日あたりの必要摂取量が

      定められている。

      <ミネラル>
      有機物(動・植物体を構成している物質)に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素をまとめてミネラルという。
      ミネラルは無機質である。
      糖質、脂質、たんぱく質、ビタミンと並び、五大栄養素のひとつ。
      人体には約60種の元素が含まれ、その96%が有機物。残りの4%がミネラル分。
      食品の栄養表示基準となっているのは、亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リン の12成分。
      生物の種類や性別、年齢によって必要な種類や分量は様々で、欠乏症とともに、過剰症が起こることもあるため、たくさん摂ればよいというものではない。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.