Information

  • 豆乳

    • ■豆乳

      大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめ、そのかすを漉した飲料です。
      牛乳に似た外観ですが、豆特有の青臭さがあるため若干飲みにくく、日本で市販されている豆乳は、砂糖などで味を調整したものが多いようです。
      日本ではほとんどが大豆製品ですが、中国や台湾、朝鮮半島では緑豆、黒豆のものもあるほど、一般的な飲料です。
      豆乳に含まれるイソフラボンには、ホルモンのバランス調整効果があります。
      イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、女性の体調管理によるとされていますが、アレルギーによるホルモンバランスの乱れにも効果を発揮します。
      また、豆乳に多く含まれるマグネシウムには、副腎の働きを助けで働きがあります。強いストレス状態が続くと、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されて免疫バランスが崩れ、アレルギー症状を悪化させてしまうこともあるため、積極的なマグネシウムの摂取が症状緩和に役立つというわけです。


      〈イソフラボン〉
      大豆、葛などのマメ科の植物に多く含まれているポリフェノールの分類の一種。
      エストロゲン(女性ホルモン)と似た働きをする。
      大豆イソフラボンは、更年期障害や糖尿病の改善に効果がある。

      〈マグネシウム〉
      ミネラルの一種で、クロロフィルの構成要素。生命維持にも必要な元素。
      主成分はマグネシウム塩で、豆腐を作るときの凝固剤であるにがりもマグネシウム。
      脱酸素剤や脱硫剤として工業用に利用。
      食品添加物や医薬品、飼料、肥料としても広く用いられている。
      過剰に摂取すると、下痢を起こし、マグネシウムを大量摂取する方法のダイエットには健康上の問題が生じる。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.