Information

  • ハトムギ茶

    • ■ハトムギ茶

      イネ科の穀物の一種。中国南部からインドシナ半島にかけての原産ですが、日本でも古くから薬草として栽培されていました。
      漢方や民間療法では、皮を剥いた種子をヨク苡仁(よくいにん)といい、いぼ取り、利尿作用、抗腫瘍作用などに効果があるとされてきました。
      ハトムギエキスは皮膚に塗布すると、保湿作用、美白作用があることが知られており、基礎化粧品に配合されることも多い成分です。
      ハトムギは、お茶にして飲まれることが多いのですが、シリアルとして直接食べることもあります。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.