Information

  • ドクダミ茶

    • ■ドクダミ茶

      ドクダミ科ドクダミ属の植物で、湿った半日陰地に自生する宿根草です。住宅の回りでも、日当たりの良くないところに生えていることがあり、よく目にする植物ではないでしょうか。虫も寄り付かないほどの強い臭気がありますが、これは強い殺菌力があるためです。開花期の葉を乾燥させたものは、臭気が少なく、昔から薬草としてよく使われています。
      漢方薬では十薬(じゅうやく、重薬)と言い、利尿作用、動脈硬化の予防作用などに効果があります。
      ドクダミには、デカノイルアセトアルデヒド、ラウリールアルデヒト、クエルシトリン、イソクエルシトリンなどが含まれています。


      〈デカノイルアセトアルデヒド〉
      生のドクダミに含まれる臭気成分。強い抗菌作用がある。
      乾燥させると無臭になるが、酸化されて抗菌効果は失われる。
      殺菌作用が蓄膿症の改善、利尿作用が便秘の改善に効果がある。

      〈ラウリールアルデヒト〉
      ドクダミに含まれる臭気成分で、抗菌作用がある。

      〈クエルシトリン〉
      フラボノイドの一種。
      柑橘類、タマネギやソバをはじめ多くの植物に含まれる。
      黄色い色素で、古くは染料として用いられている。
      強い抗酸化作用を示し、抗炎症作用、ヒスタミンの生成抑制、細胞増殖に関わるいくつかの酵素を阻害する働きがある。
      利尿作用、動脈硬化の予防として使われている。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.