Information

  • 紅富貴(べにふうき)

    • ■紅富貴(べにふうき)

      茶の木の葉を加工した茶品種です。
      緑茶の一種と紹介されているところもありますが、半発酵したものなので、緑茶と紅茶の良いところを取った感じです。
      アレルギーを抑制するメチル化カテキンを多く含んでいます。
      あえて、カテキンを多く摂取するために、交配させた品種なので、アレルギー疾患用として商品化されているものが多いでしょう。


      〈メチル化カテキン〉
      お茶に含まれるカテキンの一種。抗酸化作用や、強い抗アレルギー作用を持つ。
      一般的にカテキンといわれているエピガロカテキンガレート(EGCG)が、メチルエーテル化された成分。
      EGCGよりもヒスタミン放出の抑制効果が高く、体内への吸収性もよい。
      メチル化カテキンを多く含む品種の方が、病気や虫の害に強く、農薬の使用量も少なくてすみ栽培しやすい。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.