Information

  • 甜茶(てんちゃ)

    • ■甜茶(てんちゃ)

      「茶の木」以外の木の葉から作られた甘いお茶の総称です。茶の木の栽培が一般的になるよりも古くから、身近な飲料として使われてきた薬草茶です。
      甜茶には、バラ科キイチゴ属のテンヨウケンコウシ(甜葉懸鈎子)、アカネ科のギュウハクトウ(牛白籐)、ブナ科のタスイカ(多穂柯)、タスイセキカヨウ(多穂石柯葉)、アジサイ属のアマチャなど、多くの種類があります。
      その中でも花粉症への効果が明らかになっているのは、バラ科の甜茶です。
      バラ科の植物の葉に含まれるタンニンの1種である甜茶ポリフェノールが、ヒスタミンの分泌を抑える役割があると言われています。
      甜茶にはいろいろな種類がありますから、選ぶ時には「甜茶ポリフェノール(GODポリフェノール)」が含まれていることを確認しましょう。
      甜茶で抗ヒスタミン効果を得るためには、花粉症の症状が出る1ヶ月ほど前から摂取することが望ましいとされています。しかも、朝昼晩と1日3回は飲まなければならないので、かなり長期的な準備と習慣にすることが必要です。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.