Information

  • バターバー

    • ■バターバー

      キク科フキ属の植物で、セイヨウフキ(西洋蕗)という名前でもよく知られています。
      葉に、抗菌物質や抗酸化物質が含まれていて、ヨーロッパでは古くから民間薬として湿布薬、ぜんそく、風邪の治療に利用されていました。
      現在では根に含まれるペタシンやイソペタシンがもつ鎮痙作用が科学的に実証されており、「片頭痛」「鼻づまり、花粉症」「尿管の炎症」などを改善させる薬として利用されています。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.