Information

  • レモンバーム

    • ■レモンバーム

      シソ科の多年生のハーブで、日本ではコウスイハッカ(香水薄荷)、セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)といいます。
      葉っぱにシトラールを含み、レモンに似た香りがします。
      成長が盛んな頃に、柔らかい葉を摘み採り、乾燥させたものをハーブティーやポプリなどに用いるのが一般的ですが、生葉をハーブティーや、お菓子の風味添えなどに使うこともあります。
      シソ科の特徴でもある、「ロズマリン酸」と「ポリフェノール化合物」が多く含まれており、これらが抗アレルギー作用が強く、花粉症にも効くとされています。


      〈シトラール〉
      レモングラスから採れる精油の主成分。
      バーベナ、レモンマートル、レモン、オレンジなどにも含まれ、レモンの芳香がある。
      清涼感を与える香料として香水や香味料、レモン油の強化剤などに用いられる。

      〈ロズマリン酸〉
      ポリフェノール成分のひとつであるタンニン類。
      体内に取り込まれた麦芽糖を分解する酵素マルターゼを阻止して、ブドウ糖に分解させない働きがある。

      〈ポリフェノール〉
      自然界のほとんどの植物に含有され、5000種類以上見つかっている。
      光合成によってできる植物の色素や苦味の成分。
      植物細胞の生成、活性化などを助ける働きをもつ。
      香料や色素として食品、化粧品に使われていたが、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用が向上すること医薬、健康補助の分野でも注目される成分。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.