Information

  • レモン

    • ■レモン

      ミカン科の常緑低木で、クエンとも言われます。
      すっぱい味のクエン酸は、レモンに豊富に多く含まれている成分です。
      主に果汁を食用に利用します。
      ビタミンCを豊富に含んでいるのはよく知られるところで、他の食品に含まれるビタミンの量を「レモン○個分」といって表現することがあります。
      表現上でレモン1個分のビタミンCは20mgと決められています。
      ビタミンC(アスコルビン酸)は、活性酸素を壊し体の老化を防ぎ、ヒスタミンなどのアレルギーに対する反応を押さえたり、副腎に作用して炎症を抑える働きがあります。


      <クエン酸>
      柑橘類などに含まれる有機化合物。
      運動時に嫌気呼吸が起こらないために、乳酸が生成されず疲れにくいとされている。
      爽やかな酸味を持つことから食品添加物として多く使われている。

      <ビタミンC>
      アミノ酸の生合成に利用される成分で、ホルモンの分泌、脂肪酸をミトコンドリアに運ぶための担体であるL-カルニチンの合成などを行っている。
      また体内でコラーゲンを生成する時にも必要。
      コラーゲンは、細胞内の至る所に存在し、肉体に適度の硬さと柔軟性を与えている。
      ビタミンCが不足するとコラーゲンの同化が進行せず、歯のぐらつき・血管の脆弱化・皮膚からの出血・怪我の回復や免疫機能の低下・軽度の貧血など、壊血病の諸症状

      が出る。また、コラーゲンを多く含む骨にも影響を与える。
      ビタミンCは強い抗酸化作用を持つため、食品に酸化防止剤として添加されていることが多い。
      人間の体内では合成できないため、必要量をすべて食事などによって外部から摂取する必要がある。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.