Information

  • 大蒜(にんにく)

    • ■大蒜(にんにく)

      ネギ科の多年草で、球根の部分を主に香辛料として利用しています。
      日本で食べられるようになったのは明治以降のことです。
      ニンニクの独特な臭いのもとは、アリシンという成分です。
      生のニンニクの強烈な香りと辛味は、刺激が強過ぎて胃壁などを痛めることもありますが、滋養強壮の効果があるといわれ、栄養ドリンクや健康食品にも使われています。


      <アリシン>
      にんにくの細胞には、アリインという無臭の化合物と、アリナーゼという酵素が含まれる。これらは、別々の細胞に存在している。
      にんにくを切ると、これらの細胞が壊れ、アリイナーゼとアリインが細胞外で接触する。
      このときに、酵素アリイナーゼの作用により、アリインがアリシンという化合物に変化する。
      アリシンは、動脈硬化に対抗する助けになり、脂肪塊を縮小させる働きをもつ。
      また、抗酸化作用があることもわかっている。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.