Information

  • 牡蠣

    • ■牡蠣

      海のミルクとも呼ばれ、乳製品が豊富に手に入るようになる前から、日本ではよく食べられてきた食材です。
      牡蠣には、ミネラルやビタミンが豊富で、しかもバランスがよく含まれています。
      その中でも特に注目されているのが、グリコーゲンです。
      グリコーゲンには、体力を回復させ、自然注力を高める力があります。
      また、亜鉛も多く含まれています。亜鉛は、鼻や目の粘膜を強化します。


      <ミネラル>
      有機物(動・植物体を構成している物質)に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素をまとめてミネラルという。
      ミネラルは無機質である。
      糖質、脂質、たんぱく質、ビタミンと並び、五大栄養素のひとつ。
      人体には約60種の元素が含まれ、その96%が有機物。残りの4%がミネラル分。
      食品の栄養表示基準となっているのは、亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リン の12成分。
      生物の種類や性別、年齢によって必要な種類や分量は様々で、欠乏症とともに、過剰症が起こることもあるため、たくさん摂ればよいというものではない。


      <ビタミン>
      生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素。
      糖質、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミンの5種類を五大栄養素という。
      ほとんどの場合、生体内で合成することができないため、主に食料によって摂取しなければならない。
      生体内で、酵素が活性化するために必要な補助要素として機能している。
      ビタミンが欠乏すると、酵素が関係する代謝系の機能不全症状が現れてくる。特に成長に障害が出たり、免疫系の病気が起きやすくなるため、1日あたりの必要摂取量が定められている。


      <グリコーゲン>
      動物の肝臓・筋肉に多く含まれる成分。分解されてぶどう糖となり、血糖量を維持する。また、筋肉や他の組織のエネルギー源となる。


      <亜鉛>
      人の体の中で、鉄分の次に多い元素。特に骨の中に多く含まれている。
      酵素の活性に関係しており、酵素の構成と維持に必要。
      酵素は、免疫機構の補助、傷の自然治癒、味覚感知、小児の成長などに必要な成分。亜鉛は、体内で作り出すことができないため、食品によって摂取しなければならない。一般的に亜鉛と呼ぶ金属亜鉛は人体には有害で、皮膚の刺激、呼吸器障害、痙攣を起こすことがある。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.