Information

  • 野菜不足を解消する

    • ■野菜不足を解消する

      欧米などの食生活では、圧倒的に野菜が不足してしまいます。
      胃袋の容量は決まっています。(というか決めないと、どんどん肥満になってしまいますよね)
      パスタやパンなどかさの多い炭水化物、乳製品、ボリュームがある肉類などで食欲が満たされてしまうからです。

      花粉症などアレルギーを少しでも楽にするために、食生活の改善を言われます。
      その中でも、少しでも効率の良いように、具体的な食物の名前が取り上げられます。
      ブームになることも多いので、特定の野菜の効能が、しっかりと頭に入ることもあるでしょうね。
      しかしそれだけが改善の方法ではありません。
      基本は、バランスが取れた食事なのです。
      炭水化物も、脂質も生きていくためのエネルギー源として、重要な栄養素です。
      花粉症予防として紹介されていない野菜にも、いろいろな栄養素が含まれています。
      また、たとえばタマネギやシソには、「アラキドン酸」が豊富に含まれているという理由で、個別に取り上げられる食品ですが、「アラキドン酸」はほかにも、ホウレンソウ、ナス、ごぼう、キャベツに含まれます。
      白菜は体の水分を取ってくれますし、体を温めるダイコンやカブも積極的に取りたい野菜です。
      野菜には旬の季節があり、旬の野菜には、夏には体を冷やすように、冬には体を温めるように、必要な栄養素が凝縮されているのです。
      花粉症によいと聞いたから、季節を問わず食べ続けなければならない…というものではありません。旬でない野菜は、値段も高いですしね。

    ページのトップへもどる

© 花粉症の薬よりも食事で予防対策. All rights reserved.