売上を伸ばしたい!テイクアウト予約サイトで売上が伸びる8つの方法

今、飲食業界でテイクアウトやデリバリーが伸びていることを知っていますか?

コロナウイルスの影響で顧客にテイクアウトとデリパリーの需要が増え、テイクアウトやデリバリーのサービスを開始した飲食店が急増したのです。

今後、テイクアウト・デリバリーの需要はコロナウイルスの流行が収まったとしても増え続けると予想されています。

特に、車移動が主となっている地方ではデリバリーよりテイクアウトの需要が高いと言われています。

日本は「都会」と呼ばれる地域が限られており、ほとんどが地方・田舎に分類されますね。

そのため、テイクアウトとデリバリーどちらのサービスを開始しようか悩んでいる方はテイクアウトを選んだ方が失敗は大きくなさそうです!

この記事ではテイクアウトサービスのスタートに最適なテイクアウト予約サイトで売上を伸ばす8つの方法とオススメのテイクアウト予約サイトをご紹介します。

地方はテイクアウト、都会はデリバリー!

冒頭でも紹介した通り、地方ではテイクアウト、都会ではデリバリーが伸びると言われています。

地方でテイクアウトが伸びる理由

地方でテイクアウトサービスが伸びる理由は「バスや電車などの公共交通機関が充分でない地方は車移動が主流であるから」と言われています。

少ないと数時間に1、2本しかバスや電車が来ないため、地方に住むと車移動を強いられます。

そのため、テイクアウト商品を注文し取りに行くことを面倒に感じない方がほとんどです。

逆に、デリバリーサービスを地方で開始してしまうと、配達料がもったいなく感じてしまい購入者が減ってしまうと言われています。

「数百円の配達料より飲食店へ行くために使うガソリン代の方が安い」と考えている方が多いのです。

都会でデリバリーが伸びる理由

都会でデリバリーサービスが伸びる理由は「車を所持していない方も多いから」と言われています。

自宅から遠い飲食店でテイクアウトを注文してしまうと、バスや電車で行かなくてはならない方が多く面倒臭さを感じてしまいます。

そのため、都会でテイクアウトサービスは伸びにくいです。

逆に、自宅まで届けてくれるデリバリーサービスは飲食店へ取りに行く面倒臭さを払拭してくれるので、都会で伸びやすいです。

テイクアウト・デリバリー、どちらのサービスをスタートさせるかまだ決めていない方は飲食店の場所や周囲の環境などを考えて選ぶと良いでしょう。

テイクアウト予約サイトの売上が伸びる8つの方法

ほとんどの飲食店オーナー様はテイクアウトサービスの開始を選択するでしょう。

テイクアウトサービスのスタートはテイクアウト予約サイトの利用がオススメです。

サイトに登録し、商品を掲載するだけでお客様が注文してくれます!

しかし、サイト選びや掲載方法に工夫がないとすぐに人気店や大手飲食店に埋もれてしまうのも事実。

今回はテイクアウト予約サイトで売上を上げる8つの方法をご紹介します!

①ライバル店が少ないサイトを選ぶ

②キレイな写真を掲載する

③料理のこだわりを書く

④使っている食材を書く

⑤店内やSNSでも宣伝する

⑥商品は少なすぎず多すぎず

⑦他店が出している商品と似たものを出さない

⑧注文しやすい値段設定にする

テイクアウト予約サイトに登録しようと思っている方、テイクアウト商品の売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

①ライバル店が少ないサイトを選ぶ

1つ目の方法は「ライバル店が少ないサイトを選ぶ」です。

テイクアウト予約サイトはかなりの数があり、人によっては比較が面倒で適当なものを選んでしまう方が多いでしょう。

しかし、サイト選びは最も重要で、選んだサイトによってその後の売上が左右されると言っても過言ではありません!

テイクアウト予約サイトは登録店舗数の少ないサイトを選んでください。

登録店舗数が多いと大手飲食店や人気店が登録している可能性も高く、顧客を取られてしまいます。

経営している飲食店が大手飲食店や人気店と張り合っても勝てるという自信と根拠がある場合は登録店舗数の多いサイトに登録した方が良いでしょう。

しかし、根拠のない場合は登録店舗数が4桁以下のライバル店が少ないサイトに登録してください。

②キレイな写真を掲載する

2つ目の方法は「キレイな写真を掲載する」です。

適当な写真を撮って掲載すると、写真によっては逆効果を出してしまう可能性があります。

お客様に見て貰えない写真の特徴と改善策を紹介しているので、掲載している写真が「イマイチだ」と感じている方はぜひ参考にしてみてください!

・暗い写真→日の当たる場所で撮影したり加工アプリを使用したりする。

・料理の全体像がわからない→1枚の写真に料理全体が写るように撮影し直す。

・加工している写真→明るさを変える程度では留まらず強い色味を出したりフィルムを使用したりしている場合は抑える。

・何が入っているのかわからない→おかずの配置を変えたり説明文で補ったりする。

③料理のこだわりを書く

3つ目の方法は「料理のこだわりを書く」です。

チェーン店やフランチャイズな飲食店を除き、個人経営の飲食店や食材や調理方法にこだわりを持ってアピールしている飲食店はテイクアウト予約サイトにおいてあえて隠す必要はありません。

たとえ、ブランドものの食材や名が知れていない食材を使っていても書くことで「良い食材を使っているなら美味しそう」というイメージをお客様に植え付けることができます。

また、調理方法にこだわりがある場合もしっかり明記しましょう。

食材や調理方法にこだわっている飲食店の料理は「チェーン店やフランチャイズよりも美味しそう」というイメージを持っているお客様も多いためアピールして損はありません!

④使っている食材を書く

4つ目の方法は「使っている食材を書く」です。

3番目の「料理のこだわりを書く」に似ていますが、この場合お客様の好みやアレルギーに配慮して目に見えない食材まで書きましょう。

アレルギー表示を義務づけられている27品目はもちろん、それ以外の食材もしっかり書いてください。

特に、目に見えない山椒や七味唐辛子、ラー油、シナモン、はちみつなどの調味料系の食材は好みが別れるものも多いためちゃんと紹介するようにしましょう。

せっかく、お客様があなたのお店の料理を選んでくれたのに苦手な食材が入っていて食べられなかったら悲しい思いをしてしまいます。

それだけではなく、「別の商品にも苦手なものが入ってるかもしれない」と考えてしまう葦が遠ざかってしまうことも…。

大切なお客様を逃さないためにもしっかり記しましょう。

⑤店内やSNSでも宣伝する

5つ目の方法は「店内やSNSでも紹介する」です。

テイクアウト予約サイトに登録したら、店内ポスターやSNSで紹介するようにしましょう。

特に、長年店頭や電話での注文を受け付けていた飲食店は宣伝するようにしてください。

テイクアウト予約サイトはかなりの数があるため、飲食店を利用している全ての客が同じサイトを見ているとは限りません。

また、中にはまったくテイクアウト予約サイトを利用していないお客様もおり、宣伝しないままだとお客様の認知が遅くなってしまいます。

簡単でもいいのでサイトに登録したら紹介するようにしてください。

⑥商品は少なすぎず多すぎず

6つ目の方法は「商品は少なすぎず多すぎず」です。

これはテイクアウト商品に限らず、店内で提供するメニューにとっても大事なことです。

商品が少なすぎる場合、たとえ王道で人気な商品を置いていたとしてもお客様に「選ぶ楽しみ」を奪っていることになり、客足が遠ざかってしまいます。

逆に、商品が多すぎる場合お客様が選びきれずやがて面倒に感じてしまい、同様に客足が遠ざかってしまうのです。

商品には「売りたい商品」と「売りたい商品を引き立てる商品」が必要です。

テイクアウトに限らず売上が伸び悩んでいる場合はメニューを一度見直し、「商品の数が適正か」「全てを売りたい商品にしていないか」を確認してみてください。

⑦他店が出している商品と似たものを出さない

7つ目の方法は「他店が出している商品と似たものを出さない」です。

テイクアウト予約サイトへすでに登録・掲載されている料理を見てみて下さい。

あなたのお店で出している料理を見比べて似た商品はありませんか?

見た目が似ていると以下のようなデメリットがあります。

・他店と比較されてしまい、ライバル店にお客様を持って行かれる可能性がある。

・「うちの料理を真似した」と訴えられたりSNSで悪い口コミを書かれたりする可能性がある。

・お客様に「オリジナリティがない」と判断されてしまう。

人気店を参考にし商品作りをするのは大事ですが、全てを似せるのはやめオリジナリティを出しアピールしていきましょう。

⑧注文しやすい値段設定にする

8つ目の方法は「注文しやすい値段設定にする」です。

「安ければ良い」というものではありません。

提供しているテイクアウト商品を客観的に確認し、料理の雰囲気が値段と見合っていないと感じた場合は値段設定を見直しましょう。

この時、料理そのものを見るのではなくサイトに登録している写真と値段を見比べてください。

テイクアウト予約サイトで注文するお客様は料理の実物ではなく、掲載されている写真を見ます。

そのため、実物と値段は釣り合っていると感じても写真に写っている料理と値段が釣り合っていない可能性もあるのです。

写真を見て庶民的な印象を持った場合は安価な値段を、高級感のある印象を持った場合はやや高価な値段を設定してみてください。

オススメは「テイクアウト.co.jp」

テイクアウト.co.jp

テイクアウト予約サイトで売上を伸ばす方法を確認できましたか?

挑戦できそうなもの、改善出来そうな部分があったら試してみて下さい。

客観的に自分の料理や写真を見れない方は雇っている社員やアルバイトの方に確認して貰うのも1つの手ですよ!

テイクアウト予約サイトで売上を伸ばす方法を確認できたところで、オススメのサイトを紹介します!

私がオススメするテイクアウト予約サイトは株式会社サンネットが運営している「テイクアウト.co.jp」です。

さまざまな特徴やメリットがあるサイトですが、中でも個人的に「良い」と感じたポイントを2つ紹介します。

テイクアウト.co.jpを知らない方、登録を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

ライバル店が少ない

テイクアウト.co.jpは登録店舗数が少ないです。

そのため、ライバルとなり得る店舗が他のテイクアウト予約サイトと比べて少ないため売上を伸ばしやすいと考えられます。

現在、東京都や茨城県などの都市部に集中しているので、その他の都道府県に飲食店を構えている方は今がチャンス!

お客様を1人占めにできる可能性があるため、ぜひ一度登録してみてください。

掲載料金がかからない

通常、テイクアウト予約サイトに登録すると初期費用・掲載料金・月額料金・手数料などさまざまな料金がかかってしまいます。

「安価」「登録しやすい」と言われているテイクアウト予約サイトでも手数料がかかってしまうケースが多いのです。

さまざまな費用の中で手数料が特にネックで、売上を伸ばすほど取られてしまいます。

しかし、テイクアウト.co.jpは一般的なテイクアウト予約サイトでかかってしまう費用が全て無料!

元々は手数料がかかってしまいテイクアウト予約サイトでしたが、コロナウイルスの影響と閉店が相次ぐ飲食業界の状況を見て、永年無料へ変更する決断をしたそうです。

「無料」と聞いて不安な気持ちは疑いの気持ちを持ってしまう方もいると思いますが、テイクアウト.co.jpは広告費で収入を得ているため安心!

一度登録してしまえば料理の写真や情報を載せるだけですので、興味のある方はぜひ登録してみてください。

まとめ

テイクアウト予約サイトで売上を伸ばす方法とオススメのテイクアウト予約サイト「テイクアウト.co.jp」の紹介でした!

売上を伸ばす方法は8つありましたね。

①ライバル店が少ないサイトを選ぶ

②キレイな写真を掲載する

③料理のこだわりを書く

④使っている食材を書く

⑤店内やSNSでも宣伝する

⑥商品は少なすぎず多すぎず

⑦他店が出している商品と似たものを出さない

⑧注文しやすい値段設定にする

テイクアウト予約サイトにまだ登録していない方は①⑦に注目して選びましょう。

テイクアウト.co.jpなら登録店舗数が少なく、2つの条件をクリアしているのでオススメです!

テイクアウト.co.jp

https://takeout.co.jp

どれから始めればいいかわからない方は一度テイクアウト商品の見直しをしてみてください。

客観的に②③④⑥⑧に着目して確認すると良いでしょう。

すでにサイトへ登録しており「提供している商品は完璧だ!」と感じている方は⑤でも紹介した通り、店内やSNSで紹介してみてください。

特に、お客様獲得のためSNSは重要です!

中でも拡散力の強いTwitterがオススメですので、まだ飲食店の公式アカウントを作成していない方はこの機会に作ってみて下さい。

お客様に好かれる飲食店・商品作りを目指しましょう!